トヨタが「EVに消極的」の見方が短絡的すぎる理由

電動化には超積極的だし着々と手は打っている

「bZ4X」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

このようにトヨタはBEVも積極的に販売していく体制を、すでに整えているわけだが、そんなトヨタを現実的、野心的と評したのは、単にBEVを世に出す予定だからというわけではない。「いかに出すか」「いかにビジネスとして成立させていくか」についても、より深く考えられていると見受けられるからだ。

続く5月に行われた決算説明会では、このbZシリーズについての言及があった。 曰く、開発のデジタル化を推進していくことで、投入までのリードタイムを従来比約30%、そして続くモデルではさらに10%、短くしたいという。最近ますます移り変わりのスピードが加速している世間のニーズに速やかに応えるためである。

ここではさらにPHEV、HEVと共通のプラットフォームでのBEVも検討するということが明らかにされた。これを聞いたときには正直、驚いた。なぜなら内燃エンジン車と共通プラットフォームのEVは生産性や搭載可能なバッテリー容量の点で不利というのが定説で、ゆえにトヨタを含む各社、専用プラットフォームを開発しているからだ。

現状、とにかくBEVは儲からない

このあたりは、まさにビジネスとしての計算だろう。現状、とにかくBEVは儲からないというのが定説である。特にリチウムイオンバッテリーの価格は高止まりしており、これを積むとなると当然、車両価格は大いに跳ね上がる。

分水嶺と言われる1kWh/100ドル(約1万円)を切るところまできたとしても、60kWh積むBEVはバッテリーコストだけで60万円、それに電気モーターやインバーター、PCUといった機器が必要になり、まだまだ割高。しかも、販売台数だってどれだけが見通せるのか、誰も皆目検討がつかないというのが本音だ。

世界中のメーカーがいつまでに何万台の販売をなどと数値目標を掲げているが、これらは多分にIR向けのアピールであって、まだそれだけの数のユーザー候補が手を挙げているわけではないということを忘れてはいけない。

次ページPEHV/HEVとの共通化に納得する理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT