仏モエのシャンパン商標、ロシアでは使えず EUロシア間の緊張の高まりのとばっちり受ける

印刷
A
A

フランスのモエ・ヘネシーのシャンパン部門は近く、ロシアに出荷されるボトルのラベルに「スパークリングワイン」と表記することになる。ロシア産スパークリングワインにしか「シャンパン」の名称を認めないというロシア新法に合わせる措置だ。

仏高級ブランド、モエ・ヘネシー ・ルイ・ヴィトン(LVMH)傘下のモエ・ヘネシーはブルームバーグ向けの4日の資料で出荷について、法改正を受けた物流および規制上の調整で「ごく一時停止する」が、調整が終わり次第、速やかに再開されると説明した。

ロシアと他国の間の緊張の高まりに、食品が巻き込まれることは初めてではない。2014年のクリミア併合後に制裁を受けたロシアは、オランダ産ゴーダチーズやイタリア産パルメザンチーズの禁輸措置を導入した。

原題:Moet to Label Its Champagne Sparkling Wine in Russia to Meet Law(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Francois de Beaupuy、Áine Quinn

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT