仏モエのシャンパン商標、ロシアでは使えず

EUロシア間の緊張の高まりのとばっちり受ける

フランスのモエ・ヘネシーのシャンパン部門は近く、ロシアに出荷されるボトルのラベルに「スパークリングワイン」と表記することになる。ロシア産スパークリングワインにしか「シャンパン」の名称を認めないというロシア新法に合わせる措置だ。

仏高級ブランド、モエ・ヘネシー ・ルイ・ヴィトン(LVMH)傘下のモエ・ヘネシーはブルームバーグ向けの4日の資料で出荷について、法改正を受けた物流および規制上の調整で「ごく一時停止する」が、調整が終わり次第、速やかに再開されると説明した。

ロシアと他国の間の緊張の高まりに、食品が巻き込まれることは初めてではない。2014年のクリミア併合後に制裁を受けたロシアは、オランダ産ゴーダチーズやイタリア産パルメザンチーズの禁輸措置を導入した。

原題:Moet to Label Its Champagne Sparkling Wine in Russia to Meet Law(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Francois de Beaupuy、Áine Quinn

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT