研究者はどこの世界でも超多忙!?

<動画>フランクフルト大学の数学者のデスクメシ

今や研究者は、会社員よりも多忙だ。特に若手ともなれば、日々の研究に加え、師事する教授の研究や授業のアシスタント、学生の相談役などとにかく忙しい。また会社員のように、研究には決まった定時がないから、没頭しているうちに気がつけば夜中ということも珍しくない。

それは日本だけでなく海外でも同じようで、フランクフルトの大学で、数学研究者の卵として勤務する浅井雄介さん(36歳)も、平日はゆっくりお昼ご飯を食べる時間を確保することが難しい日も多い。

世界で活躍する日本人の1週間のランチを紹介する『世界で戦う!エリート飯』。今回はフランクフルト在住の、数学研究者の超多忙な平日の昼食の模様を紹介する。デスクメシでもお国柄は出るようで…?

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。