菅首相とメルケル首相の埋められない決定的な差

「ナラティブ不在」で右往左往のオリンピック

しかし、事の本質は、「単に説明が足りているか足りていないか?」ではないと私は思う。そこには、人を巻き込む物語的なアプローチ――「ナラティブ」が圧倒的に欠落しているのだ。政府と国民の意識をこれほどまでに乖離させてしまったのは、「説明不足」ではなく、「ナラティブ不在」なのだ。

近年ビジネスの世界でも注目が集まるナラティブは、「物語的な共創構造」と定義できる。現代社会におけるナラティブの役割は、多くのステークホルダーを魅了し、巻き込み、共体験を生み、行動を促すことだ。

「なぜ、それをやるのか?」

ナラティブを生み出す最も重要な要素――それは「パーパス(大義・存在意義)」だ。

東京へのオリンピック誘致が決まったとき、パーパスに最も近かったのは東日本大震災からの「復興五輪」というコンセプトだったはずだ。しかし、時が経つにつれてこのパーパスは希薄化し、そこに世界規模のコロナ禍が起こった。政府は2020年の3月に開催の延期を決定したが、新たな五輪のパーパスを打ち出すべきだったのは、本来、この直後しかなかっただろう。

2020年9月の国連総会での演説で、菅首相は「来年の夏、人類が疫病に打ち勝った証しとして、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を開催する決意です」と述べたが、「疫病に打ち勝った」という状況にはなっておらず、「疫病に打ち勝つ」がパーパスにもナラティブにもなっていない。

パーパスは、「なぜ、それをやるのか?」への答えでもある。菅首相の強調する「安全安心」は、あくまで(やる前提の)「手段」の話であって、「なぜ、やるのか?」への答えにはなりえない。

もともと、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの大会ビジョンは、“スポーツには世界と未来を変える力がある。”だった。

1964年の東京大会は日本を大きく変えた。2020年の東京大会は、「すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)」「一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)」「そして、未来につなげよう(未来への継承)」を3つの基本コンセプトとする、とされている。

これら3つの基本コンセプトも、「パーパス」「ナラティブ」として人々に伝わっているようには見えず、「安心安全」という「手段」の陰に隠れてしまったように見える。

次ページパーパスで共感を生んでいるパタゴニア
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT