アジアで新型コロナワクチン接種が進まない訳

SNSを介して世界中のワクチン偽情報が広がる

フィリピンの建設作業員ジェリー・カシダさん(43)は、ぜんそくのため無料の新型コロナウイルスワクチン接種の優先者リストに載っているが、すぐに接種を受けるつもりはない。ワクチンがジェノサイド(大量虐殺)に利用されていると主張する女性の動画をSNSで見つけたためだ。

カシダさんは「他の国でワクチンが原因で死亡した人の数や、それがどう隠蔽(いんぺい)されているかについて、フェイスブックで投稿をたくさん読んだ」と話す。「私の母も民間治療師に相談したが、ワクチンは私の心臓に影響を及ぼす恐れがあると言われた」という。

接種に消極的な人の割合は比約7割、タイ約3割強

東南アジアの感染中心地にはカシダさんのように、国内から、あるいは米国のワクチン反対運動から発せられるSNS上の偽情報に影響されて接種を急がない、もしくは完全に拒否している人が何百万人もいる。こうしたデマが東南アジアの一部でワクチン接種に消極的な姿勢に拍車をかけ、アジアでも感染リスクが高いこの地域で接種を促し新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を終わらせる取り組みを妨げている。

新規感染者が世界で最多の中に入るにもかかわらず、東南アジアでワクチンへの抵抗が広がっていることを最近の調査が示した。世論調査会社ソーシャル・ウェザーステーションによると、フィリピンでは接種を受けるか分からないか、接種に消極的だとの回答が68%に上った。タイの調査では3分の1の人が接種に懐疑的か拒否すると答え、インドネシアの調査では5分の1近くの人が接種をためらっていることが示された。

フィリピンのドライブスルーのワクチン接種会場で指示を出す医療従事者(6月22日)写真家:Veejay Villafranca / Bloomberg
次ページ消極的な姿勢の大きな原因はワクチン接種反対のデマ
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT