災害対策を意識した最旬キャンピングカーを調査

トレンドはインフラを確保する充電システム

オートワンが販売している、スズキの軽商用車「エブリイ」がベースのキャンピングカー「給電くんポップアップルーフ」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(70枚)

キャンピングカーは、本来、キャンプなどのアウトドアレジャー向けだが、近年は災害対策としての使用も注目されている。緊急時に水や食料、電気などといったライフラインを確保できるほか、コロナ禍により問題となっている避難所などでの「密」を避けられるスペースとしても使えるからだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

とくに、ここ数年は各地でゲリラ豪雨や台風などによる災害が多発しており、一般的に防災や災害対策への意識が高まっている。また、東日本大地震など、過去におこった大災害からの教訓もあるだろう。実際に、キャンピングカーの業界団体「日本RV協会」が行ったユーザーアンケートでも、「キャンピングカーが災害時に活躍する」と答えた人は99.2%と大きな割合を占めている。そして、そういった意識の高まりは、キャンピングカーに対し、レジャーだけでなく、災害時にも役立つモデルを求める層の増加へつながっているという。

そこで東京キャンピングカーショー2021(6月12~13日・東京ビッグサイト青海展示棟A)に出展されたモデルを例に、災害対策としても活用できるキャンピングカーにスポットを当ててみる。

オートワンの「給電くんポップアップルーフ」

軽自動車ベースながら家電が使用でき、ポップアップルーフの採用で4人就寝が可能な「給電くんポップアップルーフ」(筆者撮影)

軽自動車ベースのキャンピングカー専門メーカーである「オートワン」は、スズキの軽商用車「エブリイ」をベースに製作した「給電くんポップアップルーフ」を展示した。大きな特徴は、電子レンジやエアコンなどが使える独自の充電システムと、軽自動車ながら4人の就寝を可能とするポップアップルーフの採用だ。

給電くんポップアップルーフの車内(筆者撮影)

充電システムでは、走行中に充電可能な55Aのサブバッテリーを搭載するほか、ルーフ部に装着した独自の40W薄型ソーラーパネルやインバーターにより、エンジン停止中の補充電も可能とする。これらにより、本格的なキャンピングカーと同様、停車中でも車内で家電製品などを使うことができる。

また、停車時にルーフ部を上方へせり上げることで、テントになるポップアップルーフも装備し、ルーフ部に2名、車内に2名という充実の就寝スペースも確保する。ルーフ部は、走行中は格納できるため、全高が1990mmに収まり、ショッピングセンターの屋内駐車場などに入ることも可能だ。

2名が就寝可能なポップアップルーフ(筆者撮影)
次ページ災害対策に加え、愛犬と一緒に避難する手段として
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT