中国でアップルとサムスンに明暗

焦点:モバイル市場に「中国サプライズ」

7月24日、アップルの第3・四半期決算によると、中国でのiPhone販売台数が、アナリスト予想の約2倍のペースで伸びている。北京の携帯ショップで昨年12月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[北京 24日 ロイター] - 移り変わりの早い携帯端末業界では、幅広い製品ラインナップをそろえる韓国サムスン電子<005930.KS>の身動きの速さが有利であり、上位機種にこだわる米アップルは不利だというのが、長いこと定説のようになっていた。

しかし、両社の最近の業績発表は、こうした説に異議を唱える内容となっている。少なくとも、世界最大の携帯端末市場となり、 第4世代(4G)無線通信網の導入でさらなる市場拡大が見込める中国では、違った景色が見え始めている。

アップルが22日発表した第3・四半期(4━6月)決算では、中国でのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が、アナリスト予想の約2倍のペースで伸びていることが明らかになった。

一方、中国の低価格帯市場では、地場メーカーが販売台数を伸ばしており、業界最大手サムスン電子の牙城が切り崩されている。サムスンは今月8日、低価格機種の在庫積み増しと中国での3G端末の需要低迷を理由に、第2・四半期の営業利益が前年比25%減に落ち込む可能性があると発表した。

こうしたことは、すべての価格帯で製品をそろえる戦略を取るサムスンが、価格競争力のあるメーカーと上位機種メーカーの間に挟まれ、身動きが取れなくなっている姿を示している。対照的に、高級路線を大事にしてきたアップルは、iPhoneやタブレット端末「iPad(アイパッド)」の価格をライバル機種より平均的に高く維持できている。

次ページサムスンは高すぎる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT