小保方氏の博士学位、問われる早稲田の決断

取り消さなければ日本の科学の信用は失墜する

鎌田総長は会見で、「調査報告書を受け取ったばかりであり、よく精査したうえで、調査委員会の結論を元にしっかり検討して決める」と結論を留保した。ただ、「このまま学位論文として存続することは困難」とし、「本来どうあるべきか、どこまでが許容されるのか、どういう方法で対応するかを検討する」とも発言している。

総長の最終決定の前には、理工学術院での議論があり、研究運営委員会、研究科会議と3段階の議論を経るが、学内の問題に対してどこまで公正な判断を下すことができるだろうか。

早稲田大学内からも異議が噴出

7月24日には小保方氏が在籍していた早稲田大学大学院先進理工学研究科の教員有志が、調査委員会の報告書に対して異議を唱え、問題点を指摘する所見を大学に提出した。

さらに、25日には日本の科学者を代表する機関である日本学術会議が幹事会声明を出し、小保方氏のSTAP論文問題について、「研究全体が虚構であったのではないかという疑念を禁じ得ない段階に達し」「指摘された研究不正の深刻さから、我が国の科学研究全体に負のイメージを与える状況」と断じた。  

早稲田大学が毅然とした処置をとらなければ、大学自身はもとより日本のサイエンス全体への信用失墜は免れない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。