「ハリポタ」で大勝負、再上場にらむUSJ

新エリア開設で客数激増、新パーク立ち上げ構想も浮上

前夜祭にはUSJのガンペル社長に加え、映画『ハリー・ポッター』の出演者も駆け付けた

オープン前夜、集まった1000人は魔法の杖を手に歓声を上げた。魔法使いのローブをまとった20代のOLは「仕事帰りに毎日通いたい」と興奮ぎみに語る。
 7月15日にオープンしたユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。初日は3000人が行列を作るなど、連日大勢の客が押し寄せている。

ハリポタの投資額は450億円。「スパイダーマン」アトラクションの3倍強、2012年度の売上高の半分以上に上る。新エリアの予想来場数は年間200万人と、一エリアだけで「一つのテーマパークといえる壮大な規模」(グレン・ガンペル社長)だ。

 開業から10年は苦戦続き

開業14年目で大勝負に出るUSJだが、開業から10年は苦戦続きだった。初年度の01年こそ入場者1102万人と好調だったが、品質保持期限切れの食品を提供した問題などで翌年は客数が急減。04年には大阪市の第三セクターから民営化し、米ユニバーサル・スタジオからガンペル氏を社長に迎えた。コスト削減を進め赤字経営から脱却したものの、客数停滞は続き、リーマンショック後の09年、10年は750万人まで落ち込んでしまう。

次ページ復活のきっかけとなったのは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT