渋谷「ヤクルトのアイス屋さん」の意外な反響

いま「昭和レトロ」が盛り上がりを見せている

6月1日〜8月1日の2カ月間、SHIBUYA109渋谷店の「IMADA KITCHEN」で展開されている「ヤクルトのアイス屋さん」。ポップなイラストが施された壁面やフォトスポットなど、SNS映えを意識した店舗装飾が特徴(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

今、若い人を中心にトレンドキーワードとなっているのが昭和レトロ。食品業界ではとくにスイーツのジャンルで、昔懐かしいデザインや味の商品が盛り上がりを見せている。「硬いプリン」やバナナジュースなどもその系譜に連ねることができるだろう。

これを背景に、若者の街、渋谷で期間限定のショップが誕生した。その名も「ヤクルトのアイス屋さん」だ。SHIBUYA109渋谷店地下2階「IMADA KITCHEN」(イマダキッチン)にて、2021年6月1日〜8月1日の期間、展開されている。

まさに昭和の黎明期から、わが国の成長と歩みを共にするように普及してきた国民的飲料、ヤクルト。ある程度の年齢の読者では、おやつとして毎日のように飲んでいた人も多いだろう。

国民的飲料「ヤクルト」のアイスとは?

ショップで販売されるのは、イマダキッチンとヤクルトが共同開発したヤクルトソフトクリーム(450円)のほか、アイス de ヤクルト シャーベット(各450円)、ヤクルトパフェ(600円)など7種類。もちろん、ヤクルト独自の乳酸菌シロタ株やガラクトオリゴ糖などが配合されており、健康に配慮したヤクルトの特徴をしっかり備えている。

イマダキッチンを運営するSHIBUYA109エンタテイメント、マーケティング戦略事業部ソリューション戦略部の中島わか菜氏によると、「ヤクルトの味を再現することに一番にこだわった」という。

「昔から『ヤクルト味のアイスがあれば』という声は高く、凍らせて食べる人も多かったようです。ですから、ただの凍らせたヤクルトでは商品化の意味がありません。ポイントとなったのは、ヤクルトとミルク分のバランス。半年ほどかけて試作を繰り返し、最終的にはいくつか割合を変えたものを準備して、絞り込んでいきました」(中島氏)

1番人気の「ヤクルトソフトクリーム」、同店一押しの「アイス de ヤクルト アイスクリーム」、「ヤクルトパフェベリー味」(600円)を試食してみた。

次ページ実際に食べてみた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT