NTT分割をもくろむソフトバンクの狡猾


 しかし、自前の回線を失い、他事業者と価格競争を強いられる新NTTが、従来の利益を保つのは非現実的だ。孫社長は「利益は2000億円、1000億円になるかもしれない。そこは競争。それでもNTT東西の利益は、今の445億円よりも大きくなる」と反論する。

ただ、利益が1000億円に膨らむとしても、NTTが同意するのかは、大いに疑わしい。その程度の利益はNTTの自助努力でも射程圏内にあるからだ。

また、この案では分割しない場合の収益改善を織り込んでいない。実際には、年間約200万人のペースで加入者が増えており、大規模な投資も一巡。今後利益は拡大すると見るのが自然だ。

「日本の将来を真剣に考えて提案している」と、公平無私を強調する孫社長。

が、その言葉とは裏腹に、自社で設備投資を行わずにNTTのインフラに“タダ乗り”したいという、事業者としての思惑も否定できない。

ソフトバンク案は中立の第三者により、今後俎上に載せられる可能性がある。計画の実現性を客観的に検証したうえで、改めてNTTの組織形態を見直すべきだろう。

■ソフトバンクの業績予想、会社概要はこちら

■NTTの業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 撮影:梅谷秀司、尾形文繁 =週刊東洋経済2010年5月29日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。