NTT分割をもくろむソフトバンクの狡猾


 同社が提出した収益試算はこうだ。現在未整備の地域に光ファイバーを敷設する費用は2・5兆円。一方、NTT東西は銅線と光ファイバーという二重の設備を抱えており、これを光に一本化すれば年間3900億円かかる銅線の維持費が浮く。

当初は敷設費用が先行するが、10年程度で回収できるシナリオだ。過疎地域への敷設を促すために、事業者に支払う奨励金など、公費を投入する必要は一切ない。

また赤字の設備部門を手放すことで、新NTTの営業利益は、現在の445億円から3000億円超に大幅改善する。競争で価格が下がり、ユーザーは今のADSLと同程度の低廉な価格で、光ブロードバンドのサービスを受けられる。

5月13日に開かれた公開討論会で、孫社長はすべての関係者が得するバラ色の未来図を示し、「これが実現できれば誰も損をしない」と声高に訴えた。

ご都合主義の分割案 「NTTも得」は欺瞞?

だがざっと見ただけでも、この案にはいくつか問題点が散見される。

まず分割後の新NTTに残るサービス会社が、分割前と同じ収益を維持するという想定だ。営業利益445億円の内訳は、設備部門が2500億円超の赤字、サービス部門が約3000億円の黒字。この3000億円の利益が分割後も不変とする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。