NYダウや日経平均はこのまま下落してしまうのか

FOMC後の「市場の動揺」をどう考えればいいのか

加えて、FOMC前から、民間のエコノミスト・マーケットアナリストの間では、もっと早い利上げを見込んでいた向きが多かったと考えられる。つまり、テーパリング(量的緩和の縮小)を将来始めるとの声明が今年末までに行われ、テーパリングの実施はぎりぎり今年末近くか来年前半、利上げは来年後半あたり、との観測が主流だった。

そうした市場における金融政策の見通しに比べ、はるかに早い時期に利上げする可能性があるとの見解を連銀が披露したならともかく、市場が想定していた利上げスケジュールより遅い、ということなのだから、ますます市場が大げさに騒ぎすぎているとの感が強い。

物色は「あざなえる縄の如し」

株価指数で考えた市場動向は述べた通りで、今週日米の株価がさらに下振れするようであれば、押し目買いの好機だと考える。ただ、物色動向を見ると、別の観点も見えてくる。

前述のアメリカの長期金利上昇騒ぎのところで述べたように、昨年来優勢を続けた成長株、あるいはIT関連株、ナスダック総合指数、SOX指数といったところは、2月半ばでいったんピークをつけた。その後はナスダックやSOXそのものは高値を再奪回した局面もあったが、物色の主流はバリュー株、景気敏感株に移行した。

そのため、ナスダック総合指数をS&P500で割った相対指数を見ると、週平均値ベースでは3.58倍でピーク(2月8~12日の週)を打ち、3.22倍まで低下した(5月10~14日の週)。またSOX÷S&P500の比率では、2月15~19日の週の0.82倍がピークとなり、5月10~14日の週は0.70倍にまで下がった。

しかしそれ以降は、逆にバリュー株、景気敏感株から、IT成長株への巻き戻しが生じ、述べたような2つの相対指数は上昇に転じている。

こうした見解に立てば、先週末にかけて顕著になった景気敏感株への売りとNYダウ工業株指数の大きな下落は、FOMCとは関係なく、「編んだ縄」のように物色が入れ替わっている結果だと解釈できる。

今後も、あちらが買われたりこちらが買われたり、という物色の入れ替わりが生じ、全体平均としての主要な株価指数は、短期的には上下に振れながらも、極めて緩やかな上昇基調をたどる、という展開になりそうだ。

(当記事は「会社四季報オンライン」にも掲載しています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT