中国の「生鮮食品EC」アメリカで続々上場の背景

毎日優鮮と叮咚買菜がそれぞれ目論見書を提出

毎日優鮮と叮咚買菜はアメリカの株式市場に上場予定だ(写真は叮咚買菜のウェブサイトより)

中国の生鮮食品EC(電子商取引)のスタートアップ企業「毎日優鮮(ミスフレッシュ)」と「叮咚買菜(ディンドンマイツァイ)」は6月9日、アメリカ証券取引委員会(SEC)にIPO(新規公開株式)の目論見書を相次いで提出した。毎日優鮮はナスダック、叮咚買菜はニューヨーク証券取引所で上場する予定だ。

生鮮食品のEC業界に詳しい人物によると、この2社はどちらが先に「生鮮食品ECのIPOの第1号」となるか、上場のタイミングを競い合っているという。というのも第1号と第2号では、IPO後の投資家たちの注目度が大きく変わってくるからだ。

叮咚買菜と毎日優鮮は、アプリを通じた注文を受けると、市街地の配送エリアごとに複数設置している「前置倉庫」と呼ばれる小型倉庫から、ユーザーの手元まで直ちに配達する。叮咚買菜は上海から、毎日優鮮は北京から事業をスタートし、どちらも大都市を主なターゲットとしている。

両社とも深刻な赤字状態にある

両社の事業規模を比較すると、叮咚買菜は2020年に毎日優鮮を抜き、生鮮食品ECの首位に立った。直近の2021年1~3月期を見ると、叮咚買菜の売上高は38億200万元(約650億円)と、毎日優鮮の15億3000万元(約262億円)に大きな差をつけている。一方、2020年のユーザー1人当たりの平均購入金額では、毎日優鮮は94.6元(約1618円)と、叮咚買菜の57元(約975円)を大幅に上回っている状況だ。

本記事は「財新」の提供記事です

注目に値するのは、2020年の毎日優鮮の売上高成長率が2.1%にとどまっている点だ。毎日優鮮の経営事情に詳しい人物によると、毎日優鮮は同年に(売上高の成長より損益の改善を優先して)値引き幅を抑え、低価格を求める消費者のリピート率が悪化したのがその理由だという。

両社は商品の調達から配送まで自前で行っており、物流コストがかさんでいる。そのため業績はまだ大幅な赤字で、黒字転換のメドは立っていない。2020年は毎日優鮮が16億4900万元(約282億円)、叮咚買菜が31億7700万元(約543億円)の純損失をそれぞれ計上した。

(財新記者:沈欣悦)
※原文の配信は6月9日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT