ネスレ、中国本土の飲料水事業から全面撤退

ブランド使用権と工場を青島ビールに売却

ネスレは中国本土の飲料水事業を青島ビールに売却する。写真は両社が開催した契約式典(ネスレ中国法人のウェブサイトより)

スイス食品大手のネスレは8月28日、中国本土の飲料水事業をビール大手の青島啤酒集団(青島ビール)に売却すると発表した。なお、売却金額については公表していない。

今回売却するのは飲料水のグローバル・ブランド「ネスレ・ピュアライフ」の中国本土での独占使用権、中国市場向けブランド「大山」と「雲南山泉」の所有権、および上海市、天津市、雲南省昆明市にある3つの生産子会社の全株式だ。これは、一部の高級ミネラルウォーターの輸入販売を除いてネスレが中国本土の飲料水事業から全面撤退することを意味する。

青島ビールによれば、買収は同社側から提案し、ネスレがそれを受け入れた。近年、青島ビールは炭酸水、ミネラルウォーター、健康飲料などヘルシーさを前面に出したノンアルコール飲料の展開に力を入れており、ネスレの飲料水事業の買収を通じて同分野のさらなる発展を目指すという。

飲料水事業のグローバルな再編の一環

国際的な食品コングロマリットであるネスレの事業分野で、飲料水事業はここ数年停滞が目立っていた。同社の2019年のグローバル売上高は3年前に比べて3.5%増加したが、飲料水事業の売上高は同じ期間に0.3%減少。また、2019年の飲料水事業の売上高はグループ売上高の8.0%を占めたが、売上高総利益では全体の4.9%にとどまっていた。

そんななか、ネスレは全世界の飲料水事業の再編に着手。今年6月11日には、グローバル・ブランドを除いたアメリカとカナダの事業を売却すると発表した。中国本土からの撤退はそれに続く動きだ。ネスレの説明によれば、今後は高級ミネラルウォーターのブランド強化に注力するとともに、機能性飲料など健康志向のドリンク製品への投資を増やす。

本記事は「財新」の提供記事です

なお、中国本土では飲料水以外の事業に関しても、缶詰や飲料が主力の子会社である銀鷺食品の事業売却を検討している。ネスレは今年4月に発表した1~3月期の決算報告書で、銀鷺食品のピーナッツミルクと八宝粥の事業について売却の可能性を含めた再評価を行っていると明かした。ただし、銀鷺食品が手がけるネスレ・ブランドの缶および樹脂ボトル入りのコーヒー事業は継続する方針だ。

(財新記者:劉沛林、沈欣悦)
※原文の配信は8月29日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT