逆境も笑って乗り越える「強い心」を鍛える4秘訣 「決めて、宣言し、行動、振り返る」を繰り返す

印刷
A
A

私も自分の仕事の正解がない中で、自分で作ろうと行動しています。

例えば、大学教育。私は武蔵野大学で「アントレプレナーシップ学部」の開設準備を行い、2021年4月よりスタートしました。大学教育のあり方においても、さまざまな面で、何が正解なのか見えづらくなっていることは多いと感じます。

コロナショックを経て、授業は対面で行うのか、それともオンラインで行うのか。これまではキャンパスで授業を展開していたので、コロナショックが落ち着いたら対面授業に戻すべきという流れもあります。

一方で、ソーシャルディスタンスを取りながら授業を行うには、そもそも物理的に教室が不足するなど急には戻せない事情がある。見方を変えれば、オンラインで世界中とつながることで授業の幅が広がる可能性もあるでしょう。ならば、すべてオンラインに切り替えるかというと、大学生にとってはキャンパスライフも重要です。さまざまな要素があり、共通認識が作りづらい状況です。

それでも、1つだけはっきりしていることがあります。それは、「それでも決めて進んでいかなければならない」ということ。自分たちはいま何を考え、どうしたいのか。これまで「決めなくてもよかった正解」を、自分たちですべて決めて進んでいかなければなりません。

正しいキャリアパスはない

個人レベルで考えても、以前はなんとなくの「みんなの正解」に合わせていれば安全に生きてこられた面がありました。私自身も、30年以上前の話ですが、なんとなく受験勉強して大学へ行き、よく考えずに会社に入って働いてきました。もちろん悪いことばかりではなく、それだからこそ楽に生きられた面がありました。

しかし、そうして意思をあまり持たずに人生を生きてきて、それなりに幸せでいられたのは、せいぜいバブル崩壊前、私が社会人になった1990年ごろまでではないでしょうか。

現在は、「正しいキャリアパス」などというものはないし、何が成功で何がそうでないかもわかりません。環境もどんどん変わっています。給料は上がらず、仕事はどんどんハードになり、何も手を打たなければ労働時間も延びていきます。

次ページ自分で決めないとつらくなる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT