失敗する「新規事業」には3つの視点が欠けている

「アイデアと熱意さえあれば」は大きな誤解だ

(写真:xiangtao / PIXTA)  
日々の仕事の中で新しい発想を求められながらも、なかなかブレークスルーができない。なにか新しいことにチャレンジしたいと思いながらも、自分がやりたいことが見つからずにモヤモヤしている。
『ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法』では、そうした状態から抜け出すヒントが示されています。
本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

新規事業の「よくある誤解」

これまでに企業で10年以上、新規事業の立ち上げをしてきました。

・従業員2万人規模の超大企業・NTTドコモ
・従業員2千人クラスのメガベンチャー・DeNA
・従業員2百人規模の成長ベンチャー・ランサーズ
・そしてまだメンバーが10人ほどの自社uni’que

ひと桁ずつ規模の異なる環境で、(コンサルではなく実行者として)新規事業を経験した人というのはそれなりにレアなようで、起業してからもたくさんの企業から新規事業の相談を受けます。

企業内新規事業を経て起業し、いまも自らon-goingで事業をしつつ、企業の相談にも乗る中で、「新規事業」にはいくつかの誤解があることに気づきました。

たとえば新規事業はアイディアと熱意があれば立ち上がる、と思われがちですがこれはまったくの誤解(妄想?)です。

次ページ新規事業はなんのため?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT