複数のデバイスで生産性は向上するのか?

私が夢見るのは「1人、1デバイス」の発想

Surfaceは使うデバイスの数を減らせる可能性がある(撮影:今井康一)

ネット接続のデバイス数、世界人口の76億人を突破

今年末にはネット接続されたデバイスが世界人口の76億人を超えます。4年後の2018年には102億台まで増えます。それに伴い、1人が利用するデバイスの数も増えます(参考:CISCO)。さて、あなたは日頃何台のデバイスを利用していますか?

2台~3台、と心の中で答えた人は平均的です。日本の男女就労者平均では、2台以上が約8割、3台以上が約5割です。私の友人は9台のデバイスを鞄に入れて持ち歩いています。私個人においては、iPhone、iPad、アンドロイドスマホ、そしてSurfaceの4台を持ち歩き、状況によって使い分けています。友人の9台よりはましですが、それでも私の鞄は重く、両肩にズッシリとのしかかります。だから思うことがあります。デバイスは増やすのではなく、数を減らしたい!もっと簡素に1つのデバイスで1日を過ごせないものだろうか?という発想になるわけです。

約9割以上の就労者は、多様化する環境から在宅勤務を望んでいます。コンサル系の6割は多かれ少なかれ、会社以外で働いています。幸か不幸か、私たちはネットのおかげで働く場所と時間を自由に選べる最高の贅沢を手にしました。その自由に沿って、デバイスの数も増えてしまいました。

会社の自席、打ち合わせ室、食堂、外ではカフェ、図書館、公園、飛行機、新幹線、そして自宅、働く場所が変わるごとに、デバイスをスマホにしたり、タブレットにしたり、パソコンにしたりと。その時の技術的なハードウェア、ソフトフェアの制限を受けながら、私たちはデバイスを使い分けています。

次ページSurfaceは「2-in-1設計」デバイスだが・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT