「21秒で100回」非利き手の小指で机を叩けるか

ドラゴン桜流「努力できる脳」か否かの見分け方

『生命とは何か』
シュレーディンガー 岡小天&鎮目恭夫(訳) 岩波文庫
物質代謝の本質は、生物体が生きているときにはどうしてもつくり出さざるをえないエントロピーを全部うまい具合に外へ棄てるということにあります。

原子物理学の基礎を築き、量子力学を打ち立てた著者が、考察の対象を生命に向けた。「生命とは何か」という壮大なテーマについて、物理と化学による説明をほどこしたのが本書となる。

彼が立てた問いは、こうだ。
「生きている生物体の空間的境界の内部で起こる時間・空間的事象は、物理学と化学とによってどのように説明されるか?」

なるほどたしかに20世紀前半あたりまでは、生命現象というのは、物理法則を超越した何らかの力が関与している「特別なこと」なのかもしれないという考えもあった。が、シュレーディンガーはそれを打ち消す。生物体の働きには正確な物理法則が必要であると、本書で明示したのだ。

シュレーディンガーは物理と化学によって生命の仕組みの細部に分け入り、丁寧に解説を試みる。出てくる数式などをすべて理解するのは骨が折れるが、論の筋道だけでも追っていけば、おぼろげに彼の提示する生命の姿が浮かび上がってくる。

とりわけ、生物体は「負エントロピー」を食べて生きているのだという指摘には目を見張る。

『ドラゴン桜 超バカ読書 思考力↑表現力↑読解力↑の東大式99冊!』(徳間書店)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この世のあらゆるものごとは、エントロピーが増大し続ける流れの中にある。絶えず秩序から混沌へと向かうということだ。生物体もエントロピーを増大し続け、それが最大になると死を迎える。

そうならないで生きていく唯一の方法は、周囲の環境から食事などによってエネルギーを得て物質代謝をし、秩序を取り入れエントロピーを体外へ排出すること。そうしてエントロピー最大化を多少なりとも遅らせているのである。

エントロピー増大の進展をほんの束の間、留めおく。科学の側から眺めると、生命の正体とはそんなひとつの現象だということになるのだ。

『生命とは何か』まとめ

読むだけで生命のイメージがガラリと変わる。ひとつの生命体である自分自身の能力を高めるためのヒントは、本書の中に詰まっている。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT