「21秒で100回」非利き手の小指で机を叩けるか

ドラゴン桜流「努力できる脳」か否かの見分け方

『皇帝の新しい心』
ロジャー・ペンローズ 林一(訳) みすず書房
意識はあまりにも重要な現象であるので、それが複雑な計算によって「偶然」でっち上げられたものであるとは、私には思えない。

英国を代表する数学者・理論物理学者が一般向けに書いた科学読みものだが、刊行された1989年当時の最新の思想書としても読まれ、多くの議論・論争を巻き起こすこととなった。

副題に「コンピュータ・心・物理法則」とある通り、コンピュータが心を持ちうるかという問題をとっかかりに、数学、古典物理学、量子論、宇宙論、脳科学へと著者は分け入っていき、人の「心」の正体をあぶり出そうとする。

難解な数式が並ぶページが多いものの、そこは横目に見ながら読み進めていけばいい。すると膨大な思考と検証、証明の果てに、ペンローズが築いた壮大な構想が浮かび上がってくる。

彼によれば人の意識のありようを理解することは、ビッグバンから始まりビッグクランチ(大壊滅)へと至る宇宙の全歴史を理解することにさえつながるという。

つまり、この世界のすべてを知るカギは、人の意識にこそありということ。

意識の重要性を強調するペンローズは、人間の思考はコンピュータのそれとは違うと主張する。どれほどテクノロジーが発達して機械が複雑な計算をこなすようになっても、それが人に追いつき取って代わるとは思えないという。

そうしてペンローズは言う。人が知りたいと思うことはいつだって、子ども時代に発した素朴な疑問、「死んだあとの自分の意識の流れはどうなるの?」「生まれる前には自分の意識はどこにあったのか」などに戻っていく。それらに答えるには、意識の理論が必要なのだと。

『皇帝の新しい心』まとめ

考えられないほど幅広い知見を縦横に駆使しながらも、人間味あふれる思考の型を保ち続ける。著者のような存在こそ「真の知識人」と言えよう。
脳や意識のしくみをきちんと知ることは、集中力をはじめ自身の能力アップへとつながる。

次ページ3冊目は壮大なテーマを物理と化学で説明する本
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT