「3850円寿司食べ放題」実施した社長が見た光明

TikTokを通じて広まり、魚介の仕入れ量は3倍に

「俺の魚を食ってみろ!!」では3850円でエビ、寿司が食べ放題。赤エビ、甘エビのそれぞれ刺身と、焼き赤エビ、揚げ甘エビの4種類を提供する。カレーマヨネーズ、エビマヨネーズなどの味変も楽しめる。写真下のエビフライ、エビグラタンも同店自慢のメニュー(筆者撮影)

「その仲卸会社の女性専務が同じ女性ということで共感、応援してくださり、経営が当社に移ってからも仕入れなどで協力してくれました。うちが新鮮な魚介を安く提供できてきたのもそのおかげ。それにもかかわらず、1回目の緊急事態宣言では何もできず、仲卸業者さんの苦労を見ていることしかできませんでした。ですので今回は何かをしなければ、と思っていました」(前原氏)

そこで2回目の緊急事態宣言では、営業の継続を即決。営業時間は20時までと制限されていたものの、「カニ、寿司食べ放題」があたり、約2カ月の実施で例年同月の3倍の仕入れ量に至った。カニの量で言えば、約10トンに上るという。

ただし支援企画として利益度外視の価格を設定したため、食材の原価率は70%に跳ね上ってしまった。

また薄利であることから、一部の社員は休業させる必要が生じたこともあり、スタッフの負担もさらに大きくなった。夜間営業から昼間営業にシフトするだけでも大変だが、食べ放題という初めての試みに、準備する時間もろくにない状態で挑戦。スタッフも前原氏もヘトヘトになり、慣れないことだらけで、最初は客にも迷惑をかけた。

生産者や仲卸業者のためだけではない

そこまでしたのは、生産者や仲卸業者のためだけではない。前原氏の脳裏にかつての「恐怖」が去来したからだ。

「1回目の緊急事態で休業を余儀なくされたとき、いちばん怖かったのは『会社がダメになる、チームがダメになる』ことでした。働く場があって、いっしょに汗をかくことでチームが育つ。とくに居酒屋はスタッフのチーム力がものを言う業種です。収益はもちろんですが、休業してスタッフやチームの質が低下することが大きな問題でした」(前原氏)

同社の目的は、居酒屋事業を通して客に喜んでもらうことだ。しかし同時に、従業員や経営者である前原氏自身が自己実現や見合った対価など、働く喜びを得られてこそ、店の質が向上し、客の満足感につながっていく、と考えている。また、自社だけではない。飲食を通じてつながる仲卸業者、生産者全体を含むパートナーすべてにとって同じことが言える。

次ページ休業しても生き延びていくことはできるが…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT