アース製薬「殺虫剤をやめてもいい」宣言の真意

除菌剤にも注力、「感染症総合ケア会社」目指す

アース製薬にとって虫ケア用品(殺虫剤・防虫剤)は大きな収益源だ(記者撮影)

「虫ケアにしがみつくことはない、いつやめてもいい」

主力製品である殺虫剤・防虫剤の販売終了の可能性を口にするのは、アース製薬の川端克宜社長だ。「アースノーマット」や「ごきぶりホイホイ」、「ブラックキャップ」などのブランドを有する同社は、年間売り上げ1300億円の殺虫剤市場でシェア5割を超える業界最大手だ。

そのトップ企業が殺虫剤市場からの撤退さえも考える理由について、川端社長は「私が入社した1994年は国内市場向け殺虫剤の売上高構成比が9割以上で、国内殺虫剤の一本槍だった。それがいまはグループ連結売上高で3割。乱暴な言い方をすると、30年後は売っているかわからない」と説明する。

コロナ禍で業績は絶好調

殺虫剤大手各社の2020年度の業績は絶好調だった。コロナ禍で在宅時間が伸び、換気の機会も多くなったことで、防虫対策の必要性が増したからだ。

アース製薬の2020年12月期業績は売上高1960億円、営業利益114億円となり、ともに過去最高を記録。同じ上場企業で業界3位のフマキラーも、2021年3月期は過去最高を更新する見込みだ。在宅勤務やオンライン授業が定着し、2021年度も市場の好調は続くとみられる。

順風満帆の中、川端社長があえて「まだまだ利益の柱」と認める商品をいつやめてもいいと言い放つのはなぜか。背景には、国内殺虫剤市場を取り巻く構造変化に対する危機感がある。

構造変化の1つ目は気候変動だ。地球温暖化などの影響を受け、この10年ほどで日本の気温は以前と様変わりした。気象庁のデータによると、東京都内の8月の最高気温の平均値は右肩上がりで上昇している。1991~2000年に29.7度だった平均値は、2011~2020年には32.1度に上昇した。

次ページ猛暑日が続くと殺虫剤の売上激減
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT