シエラ/クロスビー/イグニス 明暗わかれた訳

ユーザーの琴線に「触れる・触れない」の境目

それにクロスビーは背が高く室内が広いため、出かけるときの荷物もたくさん積める。どこかに遊びに行こうというのであればクロスビーがおすすめとなる。一方、イグニスは、シンプルで真面目な雰囲気さえある。同じようでいて、意外にイメージが違うのだ。

販売の明暗をわけた理由は、クルマから発せられるこうした印象にあったと考えられる。基本的にクロスオーバーを含めSUVは、実用車というよりも遊びに使うクルマだ。そうした雰囲気の違いをユーザーが敏感に感じたのだろう。

そういう意味でエスクードとSX4 S-CROSSは、さらに遊び心に欠ける。

2020年で国内販売を終了した「SX4 S-CROSS」(写真:スズキ)

どちらもハンガリーのマジャール工場で生産されて日本に輸入されているモデルで、日本だけでなく世界各地でリアルなSUVとして販売されるグローバルモデルだ。

言い換えれば、遊び心うんぬんではなく、しっかりと走り、悪路もこなし、そして高い実用性を持つSUVとして開発されたモデルなのである。

走らせてみれば、コンパクトSUVとして高い実力を備えていることがわかるのだが、こうした外連味のないキャラクターでは、日本の購買層の琴線に触れなかったのだろう。残念なことだ。

事実上、スズキの最上級車種となる「エスクード」(写真:スズキ)

グローバルモデルの難しさ

個人的に思うのは、こうした“残念なクルマ”がスズキには多いことである。たとえば、最近まで販売されていたコンパクトカーの「バレーノ」も日本での販売はうまくいかなかった。内容を考えれば、コスパがよく、走りもヨーロッパ風でしっかりとしていた。しかし、売れない。

10年ほど前には「スプラッシュ」というキビキビ走るコンパクトカーもあった。ヨーロッパ車ファンからは走りの高さが評価されたものの、販売は成功しなかった。商品として悪くはないのだが、日本のユーザーをターゲットにしていない分、日本人のニーズとズレてしまっていたのだろう。

スズキのSUVモデルの販売に差があるのは、日本市場のユーザーのニーズにしっかりと“対応できているか否か”と言える。なんとも自動車ビジネスの難しさを感じさせる現象だ。

この記事の画像を見る(29枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT