シエラ/クロスビー/イグニス 明暗わかれた訳

ユーザーの琴線に「触れる・触れない」の境目

ジムニーシエラは、50年以上も前となる1970年に軽自動車初の本格的4輪駆動車として誕生した「ジムニー」に排気量の大きなエンジンを搭載して余裕を持たせた普通車版だ。

世界を見渡しても、これだけ小さくて、それでいて本格的な悪路走行をこなす4WDモデルは存在しない。唯一無二の存在で、歴史的な名車ともいえる。

それが2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを実施した。当然のように、その人気は高く、バックオーダーが山のように積み重なっているという。名車ゆえに、売れて当然という結果だ。今はかなり解消されたが、発売当初は納車まで1年以上というケースもあり、中古車市場では今も新車よりも高い値札がつけられている。

一方のクロスビーは、2017年12月に発売開始となったモデルで、ハイトワゴンとSUVを融合させたクロスオーバーだ。

「ハスラー」と共通したテイストの「クロスビー」(写真:スズキ)

ただし、真の意味での開拓者は、2014年に登場した軽自動車の「ハスラー」となる。ハスラーは、背の高いボディスタイルによる広い室内空間と、雪道などのラフロードもこなす高い実用性、そして遊び心溢れるデザインでヒット車となった。

そのハスラーの成功を受けて、普通車バージョンとしてクロスビーが世に送り出されたのだ。とはいえ、これまでにないジャンルを切り拓いたクロスビーのユニークさは、疑いようがない。これも一定の人気を保つのも当然のことではないだろうか。

コンセプトは似ているが…

苦戦するイグニスとエスクード、そしてSX4 S-CROSSは、どのようなクルマなのだろうか。

イグニスは、2016年2月にコンパクトカーとSUVをミックスさせるクロスオーバーとして発売された。このクルマも軽自動車ハスラーのヒットを受けてのモデルであり、クロスビーの約2年前に投入されている。

「スイフト」よりもコンパクトな「イグニス」(写真:スズキ)

しかし、イグニスは初年度の2016年度こそ年間販売ランキング34位と頑張ったものの、翌年は49位、そして2018年度からはランキング圏外となる50位以下に落ちてしまう。月間販売台数は、数百台という単位だ。

では、成功したクロスビーとイグニスは、どこが違ったのだろうか。

2台とも、コンセプトは従来からあるジャンルにSUVを融合させるという点では同じだ。ただし、イグニスは背の低いコンパクトカーがベースで、クロスビーは背の高いハイトワゴン。また、デザインはクロスビーのほうが遊び心に富んでいる。

次ページ「実力」以上に物を言う「印象」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT