「遺伝子で人生がほぼ決まる」と思う人の大誤解

人が生存できるようDNAは変化する環境に適応

DNAは環境に順応する(写真:llhedgehogll/PIXTA)
人生、能力、あるいは生き方や考え方などが、「遺伝子」の影響下にあると考える人は少なくないかもしれない。事実、インターネットを筆頭とするさまざまなメディアにおいては、遺伝子に関する多くのトピックスを見つけることができるだろう。
だが、薬学博士である『遺伝子のスイッチ: 何気ないその行動があなたの遺伝子の働きを変える』(東洋経済新報社)の著者、生田哲(いくた・さとし)氏は、それらは誤りであると断言している。

遺伝子は環境とかかわり初めて働く

なぜなら遺伝子は、環境とかかわることによって初めて働くものだから。

たとえば一卵性双生児は「まったく同じ双子」と認識されているが、正確には「まったく同じ」ではないのだという。

もちろん、まったく同じ卵子から生まれ、同じ女性の子宮の中で同じ時期に育った双子であることは事実だ。そういう意味では、ふたりの先天的な環境は同じであるといえるだろう。

しかし重要なのは、後天的な環境は同じではないという点だ。生田氏はこのことを、「一卵性双生児で生まれたひとりは学校の教師をし、充実した日々を送るが、もうひとりは薬物依存に苦しんでいる」という図式によって解説している。極端な話のようにも思えるが、しかし充分に考えられることでもある。すなわち、そのようなことも充分にありうるということだ。

たとえ同じ遺伝子をもっていても、同じ結果になるとは限らない。それどころか、同じ結果にはならないことが多い。遺伝子の働きは、食事や運動などの生活習慣やどんな書物を読むか、どんな人とつきあうかなどによって劇的に変わるからである。そして、最近の研究によって遺伝子の働きを変えるしくみ、すなわち、遺伝子を使う(オン)にしたり、遺伝子を使わない(オフ)にするスイッチが存在することが明らかになった。
このスイッチを研究するのが「エピジェネティクス」という、いま、爆発的に発展している学問分野であり、本書のテーマである。
(「はじめに」より)
次ページ遺伝子は変異せず、使い方を変える
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT