「遺伝子で人生がほぼ決まる」と思う人の大誤解

人が生存できるようDNAは変化する環境に適応

DNAは環境に順応する(写真:llhedgehogll/PIXTA)
人生、能力、あるいは生き方や考え方などが、「遺伝子」の影響下にあると考える人は少なくないかもしれない。事実、インターネットを筆頭とするさまざまなメディアにおいては、遺伝子に関する多くのトピックスを見つけることができるだろう。
だが、薬学博士である『遺伝子のスイッチ: 何気ないその行動があなたの遺伝子の働きを変える』(東洋経済新報社)の著者、生田哲(いくた・さとし)氏は、それらは誤りであると断言している。

遺伝子は環境とかかわり初めて働く

なぜなら遺伝子は、環境とかかわることによって初めて働くものだから。

たとえば一卵性双生児は「まったく同じ双子」と認識されているが、正確には「まったく同じ」ではないのだという。

もちろん、まったく同じ卵子から生まれ、同じ女性の子宮の中で同じ時期に育った双子であることは事実だ。そういう意味では、ふたりの先天的な環境は同じであるといえるだろう。

しかし重要なのは、後天的な環境は同じではないという点だ。生田氏はこのことを、「一卵性双生児で生まれたひとりは学校の教師をし、充実した日々を送るが、もうひとりは薬物依存に苦しんでいる」という図式によって解説している。極端な話のようにも思えるが、しかし充分に考えられることでもある。すなわち、そのようなことも充分にありうるということだ。

たとえ同じ遺伝子をもっていても、同じ結果になるとは限らない。それどころか、同じ結果にはならないことが多い。遺伝子の働きは、食事や運動などの生活習慣やどんな書物を読むか、どんな人とつきあうかなどによって劇的に変わるからである。そして、最近の研究によって遺伝子の働きを変えるしくみ、すなわち、遺伝子を使う(オン)にしたり、遺伝子を使わない(オフ)にするスイッチが存在することが明らかになった。
このスイッチを研究するのが「エピジェネティクス」という、いま、爆発的に発展している学問分野であり、本書のテーマである。
(「はじめに」より)
次ページ遺伝子は変異せず、使い方を変える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT