韓国大統領選、ソウル市長選で野党圧勝の混迷

文在寅大統領率いる与党・革新政権は窮地に

4月8日、ソウル市長選で勝利し、当選を祝う呉世勲候補と支持者ら(写真:EPA=時事)

2021年4月7日に実施された韓国・ソウル、釜山両市の市長選挙で、最大野党「国民の力」の候補が圧勝した。これにより、2022年3月に行われる大統領選の行方が混沌としてきた。

ソウル市長選挙では、「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)候補が57.5%の得票率を獲得して当選。釜山市では同党の朴亨埈(パク・ヒョンジュン)候補が得票率62.6%を得て当選した。

呉氏はソウル市長の経験者で、10年ぶりに市長に返り咲いた。朴氏は元大統領府政務首席秘書官などの経歴がある。任期は両市長ともに2022年6月30日まで。

想定を超える与党の敗北

今回の両市長選は、ともに与党側の現職市長が職員に対してセクハラを起こしたことがきっかけとなった。前職のソウル市長だった朴元淳(パク・ウォンスン)氏はスキャンダルを苦にして自殺。釜山市長だった呉巨敦(オ・ゴドン)氏も辞職し、補欠選挙となった。

そのため、もともと与党側に不利な選挙戦だったが、刮目すべきは野党である「国民の力」候補の勝ちっぷりだ。

ソウル新市長の呉氏は与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン、女性)候補に対し約19ポイント、釜山市の朴氏は同じく与党の金栄春(キム・ヨンチュン)候補に28ポイント差を付けた。野党候補にとっても想定を超える大勝だ。

東洋経済プラスの連載「混迷 韓国大統領選」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。今後も韓国大統領選に関わる記事を随時取り上げていきます。

韓国大統領選、「ソウルで野党圧勝」の混とん

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT