有効なのに「ワクチンを打ちたくない人」の心理

接種率を上げるためにはどうすればいいのか

ワクチン接種は副作用も少ないようだが、皆が積極的に受けたいとは思っていないようだ。多くの人が積極的になるようにするにはどうすればいい?(写真:shu/PIXTA)

最初にお断りしておきますが、私は医療分野に関してはまったくの素人で、今回の新型コロナウイルスに関する情報も一般的に公開されているもの以上の知識はありません。また医療従事者への接種が始まったワクチンについても報道されている以上の内容は知りません。

したがって、ワクチンそのものの有効性については、何らエビデンスを伴う発言はできません。ただ、ワクチン接種に関する各種アンケートを見ていると、行動経済学的な見方から非常に面白い特徴が浮かび上がってきているような気がします。

「現状維持バイアス」とは?

アンケートにもよりますが、「積極的に接種を受けたい」という答えは最近は増えているものの、およそ20~30%です。そして逆に「あまり接種を受けたくない・絶対受けたくない」という人も15~20%程度います。一番多いのは「様子を見てから接種したい」で、大体全体の半数程度を占めています。

この多数の人たちの意向をネガティブと見るかポジティブと見るかによって変わってくるでしょうが、「様子を見たい」というのは、少なくともあまり積極的ではないということを考えると、ワクチンを接種することを不安に思っている人は、比較的多いのだろうと思います。

冷静に考えると「新型コロナウイルスに感染して発症することのリスク」と「ワクチンを打つことで起こりうる副反応による健康被害のリスク」を考えた場合、現状、先行する各国で報告されている限りにおいては感染リスクを防げることのメリットのほうが大きいように思えます。

にもかかわらず比較的ネガティブな見方をしている人が多いのは一体なぜなのか? 私はこれらの現象を典型的な「現状維持バイアス」ではないかと考えています。「現状維持バイアス」というのは、「現状を変えることに抵抗感がある、あるいは変えたほうがよくなる可能性が高くてもなかなか変えることができない」という心理傾向のことです。

次ページワクチンを打たないほうがリスクが小さい?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT