小室圭さんの説明文書が「0点」と言える3つの訳

ビジネスパーソンも肝に銘じたい執筆の心構え

ビジネスパーソンのみなさんも、社内に味方がいないと感じているとき、プレゼンで逆境のとき、不振や失敗の釈明をしたいとき、目の前にいる人や読み手のことを信じて話し、書いているでしょうか。これだけで読み手や聞き手の印象は大きく変わるので、自ら「信じていない」と思わせるようなフレーズは使わないようにしましょう。

結婚への思いより名誉回復を優先

3つ目のポイントは、最も成し遂げたいものから離れ、誰かを責めてしまったこと。

文書には、「母は令和元年(2019年)5月以降元婚約者の方との話し合いを継続してきましたが、その話し合いが終わっていないのにもかかわらず元婚約者の方の一方的なお話が記事になったこと、更にその内容の多くが残念ながら事実ではなかったことから、このまま否定や反論を一切することなく穏やかに話し合いを続けることは困難であると判断しました」「元婚約者の方との話し合いが途絶えてしまい、現在のような状況になっていることは、たいへん残念です」「金銭問題は解決済みだと主張したことに関しては一度もありません」などと母親の元婚約者を責めるようなフレーズが散見されました。

たとえそれらが事実であり、小室さんの名誉回復につながったとしても、それで国民感情が変わり、眞子さまとの結婚につながるとは思えないのです。

小室さんは文書の1文目に、「私と眞子様の結婚は平成30年(2018年)2月7日に結婚関係儀式等の延期が発表されて以来延期されていますが、令和2年(2020年)11月13日に公表された、眞子様が書いてくださった文書にもありますように、私と眞子様の気持ち、そして結婚に対する思いに変わりはありません」とつづっていました。本当はこの気持ちや思いこそ、最も大切にしたいものではないでしょうか。

しかし、その後28ページにわたる長い文章は、眞子さまとの結婚よりも自分の名誉を守ることに終始していましたし、そのために他人を責めるような言葉がありました。もし眞子さまとの結婚を第一に考えて思いをつづり、自分の名誉を守ることを優先させなかったら、もう少し国民感情を動かせた気がしてならないのです。

ビジネスパーソンのみなさんも文書では、「あれもこれも言いたい」と複数のテーマをつづるのではなく、「事実だから書いてもいいはずだ」と決めつけるのでもなく、最も伝えたい思いに絞って書きたいところ。2番目に伝えたいことや事実があるのなら、次のタイミングを待ち、段階的に伝えていく形のほうが現実的なのです。少なくとも、「どんなに優れた内容でも1つの文書で100点満点の結果を得ようとすること自体が難しい」ことは覚えておくべきでしょう。

次ページ悲痛な叫びがあふれたフレーズとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT