品川西口「京急の顔」ホテル、半世紀の歴史に幕 社運かけ建設、旧「ホテルパシフィック」閉館

拡大
縮小

「京急ミュージアム」に所蔵されている1970年10月の上棟式のパンフレットによると、総工費は160億円。外壁には有田焼のタイルを360万枚使用しており「真珠のような趣きをあたえ、外観を特長づけることになっています」と誇らしげだ。

また、開業時のホテルパシフィックの料金表には、シングル1泊4000円より、との記載がある。当時の所得水準からすれば安いわけではない。6階から27階まで1000室の客室があり、最上部にはリビングがベッドルームとらせん階段で結ばれた2階式の「ロイヤルスイート」(1泊10万円)まであった。

自慢は高層階からの眺め

大規模なのは室数だけでない。駐車場は600台収容。大宴会場1、中・小宴会場13、高層宴会場7を備えた。レストラン・バーは洋食、中華、和食、セラーバーなど11カ所。都心でさえ超高層建築が少なかった当時、30階のラウンジ「ブルーパシフィック」からの眺めはほかでは味わえない格別のものだったに違いない。

サービス面では、開業にあたって京急社員でホテル事業希望者の一部が、東急ホテルや東京プリンスホテル、帝国ホテルで実習をしたという記録がある。1979年にエールフランス系のメリディアンチェーンに加わったことでヨーロッパからの宿泊客が増加。航空会社の乗務員の利用も目立ったという。

開業以来、国際観光ホテルの役割を担ったほか、立地と設備の良さから結婚式・披露宴の会場としても多くのカップルに選ばれてきた。大宴会場「萬葉」では国際的なレセプションだけでなく、屋台コーナーが人気の「しながわ夏まつり」が毎年恒例のイベントだった。1988年には京急電鉄の社歌『人間が好きだから』がここでお披露目された。

次ページ開業に至るまでの苦労
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT