中古車価格の乱高下を呼んだ2つの要因

2011年の高値から一転、2012年は低水準

中古車価格は新車の販売台数の影響を受けやすい(写真はガリバーのWOW!TOWN大宮 撮影:風間仁一郎)

国内の自動車販売に対する消費増税の影響が和らぎつつある。日本自動車販売協会連合会(自販連)によれば、登録車販売台数は4月こそ前年同月比2ケタ減だったが、5月は同約5%減。6月はほぼ前年並みとなった。

新車販売だけでなく、中古車の相場も落ち着きを取り戻している。指標となるのが、中古車オークションの平均落札価格だ。

オークションでは新車ディーラーが下取りした車や中古車買い取り業者が買い取った車が出品され、走行距離や内外装・エンジン・電装品の状態などを見て、中古車販売業者や輸出業者などが価格を提示、落札する。ディーラーでの下取りや業者の買い取りの際は、この相場の動きを見ながら査定が行われる。

駆け込み影響は早くも収束

平均価格を左右するのが中古車市場への供給量だ。これは新車の売れ行きによって変動する。そもそも、中古車の需要は年によって大きく変わるわけではない。自販連のまとめによると、中古車の年間登録台数は2010~2014年度で見ると、総じて390万台前後で推移している。

直近だけを抜き出してみると、今年1~4月は昨年より価格水準が低かった。特に、3月後半は大きく値下がりしている。これは消費増税前の駆け込み需要で新車販売が伸び、下取りなどが増えたことによって、中古車の供給量が急増したためだ。6月に入ってからは、出品台数も極端に増えることがなくなり、価格は前年並みに回復している。

次ページ異色の売れ筋車種とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT