中古車価格の乱高下を呼んだ2つの要因

2011年の高値から一転、2012年は低水準

中古車価格は新車の販売台数の影響を受けやすい(写真はガリバーのWOW!TOWN大宮 撮影:風間仁一郎)

国内の自動車販売に対する消費増税の影響が和らぎつつある。日本自動車販売協会連合会(自販連)によれば、登録車販売台数は4月こそ前年同月比2ケタ減だったが、5月は同約5%減。6月はほぼ前年並みとなった。

新車販売だけでなく、中古車の相場も落ち着きを取り戻している。指標となるのが、中古車オークションの平均落札価格だ。

オークションでは新車ディーラーが下取りした車や中古車買い取り業者が買い取った車が出品され、走行距離や内外装・エンジン・電装品の状態などを見て、中古車販売業者や輸出業者などが価格を提示、落札する。ディーラーでの下取りや業者の買い取りの際は、この相場の動きを見ながら査定が行われる。

駆け込み影響は早くも収束

平均価格を左右するのが中古車市場への供給量だ。これは新車の売れ行きによって変動する。そもそも、中古車の需要は年によって大きく変わるわけではない。自販連のまとめによると、中古車の年間登録台数は2010~2014年度で見ると、総じて390万台前後で推移している。

直近だけを抜き出してみると、今年1~4月は昨年より価格水準が低かった。特に、3月後半は大きく値下がりしている。これは消費増税前の駆け込み需要で新車販売が伸び、下取りなどが増えたことによって、中古車の供給量が急増したためだ。6月に入ってからは、出品台数も極端に増えることがなくなり、価格は前年並みに回復している。

次ページ異色の売れ筋車種とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。