ガリバー、中古車“巨人”の大勝負

卸専業から小売り、海外へ

季節外れの暑さに見舞われた10月中旬の週末。埼玉県の新大宮バイパス沿いにある自動車販売店は家族連れでにぎわっていた。

店内にはトヨタ自動車の人気ハイブリッド車「プリウス」やホンダの軽自動車「N BOX」、BMWやメルセデス・ベンツといった独高級車がズラリと並んでいる。

「まるで車のテーマパークのようですね──」。初めて来たという30代の主婦は、笑顔でこう語る。

この店の名前は「WOW!TOWN(ワオタウン)」。販売しているのは程度の高い中古車だ。店内にはカフェスペースやキッズルームを完備。来店者にはアイパッドが手渡され、展示されている車の情報を見ながら車選びができる。

昨年12月にオープンしたこの店、実は中古車買い取り最大手、ガリバーインターナショナルが運営する新形態の中古車小売店なのだ。

これまでのガリバーといえば、黄色い看板に緑色の社名ロゴをあしらった、車の「買い取り屋」というのが定番だった。そんなガリバーが2012年から中古車小売りの新業態を相次いで打ち出している。

今年2月にはフェラーリやポルシェなど高級輸入車を専門に販売する「リベラーラ」という新ブランド1号店を東京・東麻布に出店。14年1月には軽自動車を専門に扱う店を岩手県盛岡市にオープンする。

次ページ卸売り依存の限界 好採算の小売り強化
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。