「アルケゴス騒動」と市場への影響をどう見るか

みずほ証券のアナリスト・大橋英敏氏に聞く

――今回は、いわゆるVIX指数(恐怖指数)もぜんぜん上がっていないですし、株価はむしろ堅調ですね。

結局、今般のブロック取引の対象銘柄も短期的な下落後に株価は回復しました。ブロック取引の背景がファンドによる強制的なポジション解消であるならば、買いたかった人にとってはむしろ買いチャンスととらえることもできたわけです。

マクロ・プルーデンス政策強化の難しさ

――先ほどノンバンクでもヘッジファンドなどは当局が監視しているというお話でしたが、今回の件でプライベートオフィスにも注目が集まりました。

投資銀行は、まずは自らのポジションを洗い出し、担保割れ寸前というような巨額なものがないか確認しているのだと思います。その結果、提供するレバレッジ倍率を低下させるなどの措置を取る可能性はあります。

また、規制当局がデリバティブ取引の証拠金率を高めるなどのマクロ・プルーデンス政策上の対応をする可能性もあるでしょう。ただ、そうした規制強化、マクロ・プルーデンス政策をどんどん強化することで、金融機関がポジションを取れなくなると、前述のように、一斉に売りが出たときに買い手がいなくなる、つまり、市場の流動性を枯渇させてしまうという、合成の誤謬によるリスクが高まる懸念もあります。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT