アップル、タグ・ホイヤー幹部を引き抜いたワケ

「iWatch」発売のための準備か

7月4日、米アップルは、スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーから幹部を引き抜いた。都内で6月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[パリ 4日 ロイター] - 米アップルは、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーから幹部を引き抜いた。

今秋の投入が見込まれる腕時計型端末「iWatch(アイウォッチ)」の販売を支援するとみられる。

タグ・ホイヤーは4日、販売担当バイスプレジデント、Patrick Pruniaux氏が退社し、アップルに移ることを明らかにした。アップルでのポジションについては言及していない。アップルはコメントを拒否した。

アップルはこの数カ月、高級ブランドからの引き抜きを加速させていた。例えば英バーバリー の最高経営責任者(CEO)だったアンジェラ・アーレンツ氏は5月、アップルで小売りとオンライン販売の責任者に就任。昨年には「特別なプロジェクト」のため、イヴ・サンローランのトップだったポール・ドヌーヴ氏を迎え入れた。

タグ・ホイヤーの広報担当者はPruniaux氏について、「スカウトがあったようだ」と述べた。同氏の後任は決まっているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT