アップル、タグ・ホイヤー幹部を引き抜いたワケ

「iWatch」発売のための準備か

7月4日、米アップルは、スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーから幹部を引き抜いた。都内で6月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[パリ 4日 ロイター] - 米アップルは、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーから幹部を引き抜いた。

今秋の投入が見込まれる腕時計型端末「iWatch(アイウォッチ)」の販売を支援するとみられる。

タグ・ホイヤーは4日、販売担当バイスプレジデント、Patrick Pruniaux氏が退社し、アップルに移ることを明らかにした。アップルでのポジションについては言及していない。アップルはコメントを拒否した。

アップルはこの数カ月、高級ブランドからの引き抜きを加速させていた。例えば英バーバリー の最高経営責任者(CEO)だったアンジェラ・アーレンツ氏は5月、アップルで小売りとオンライン販売の責任者に就任。昨年には「特別なプロジェクト」のため、イヴ・サンローランのトップだったポール・ドヌーヴ氏を迎え入れた。

タグ・ホイヤーの広報担当者はPruniaux氏について、「スカウトがあったようだ」と述べた。同氏の後任は決まっているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。