アップル、タグ・ホイヤー幹部を引き抜いたワケ

「iWatch」発売のための準備か

7月4日、米アップルは、スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーから幹部を引き抜いた。都内で6月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[パリ 4日 ロイター] - 米アップルは、仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーから幹部を引き抜いた。

今秋の投入が見込まれる腕時計型端末「iWatch(アイウォッチ)」の販売を支援するとみられる。

タグ・ホイヤーは4日、販売担当バイスプレジデント、Patrick Pruniaux氏が退社し、アップルに移ることを明らかにした。アップルでのポジションについては言及していない。アップルはコメントを拒否した。

アップルはこの数カ月、高級ブランドからの引き抜きを加速させていた。例えば英バーバリー の最高経営責任者(CEO)だったアンジェラ・アーレンツ氏は5月、アップルで小売りとオンライン販売の責任者に就任。昨年には「特別なプロジェクト」のため、イヴ・サンローランのトップだったポール・ドヌーヴ氏を迎え入れた。

タグ・ホイヤーの広報担当者はPruniaux氏について、「スカウトがあったようだ」と述べた。同氏の後任は決まっているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。