ホンダ「フィット」がイマイチ売れない理由

同社の軽自動車「N-BOX」との競合も要因か?

2020年2月にフルモデルチェンジを果たし、登場から1年が経過した新型フィット。価格は155万7600円〜253万6600円(写真:ホンダ)

ホンダを代表するコンパクトカー「フィット」の新車販売台数が、意外に伸びていない。2020年2月にフルモデルチェンジして発売された現行の4代目は、発売1ヵ月後の3月に1万4845台を販売し、同月の新車販売台数ランキングで「ヤリス」に競り勝ち2位を獲得。ところが、翌4月にはライバルのヤリスに首位の座を奪われ、それから徐々に差が広がり、2020年通年(1月~12月)のランキングでは、15万1766台でヤリスが1位だったのに対し、フィットは9万8210台で4位に終わる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

また、2021年に入ると、2020年12月に新型が発売されたばかりの日産「ノート」にも抜かれる。2月の新車販売台数ランキングでは2万559台でヤリスが1位、ノートも発売直後ながら7246台で7位に入るが、フィットは5782台で12位とトップ10圏外にまで後退している。

フィットは、かつて新車販売台数でトップを連発し、「コンパクトカーの王者」とまで呼ばれた実績を持つモデルだが、現行モデルにはそんな勢いがみられない。なぜ現行モデルは苦戦しているのか、その理由を検証してみる。

歴代フィットの特徴や販売台数

初代フィットは、2001年に誕生した。燃料タンクを車体後部ではなく中央に設置するホンダ独自の「センタータンクレイアウト」を初採用したモデルで、広い室内空間と23km/L(10・15モード)という当時の世界最高水準である低燃費などが好評を博し、いきなり大きなセールスを記録する。発売翌年の2002年には、トヨタ「カローラ」が33年間守り続けた新車販売台数1位の座を奪うほどの大ヒットだった。

写真は、コンパクトステーションワゴンのホンダ「シャトル」(写真:ホンダ)

2007年に発売された2代目も、翌2008年に販売台数1位を記録する。2010年のマイナーチェンジ時にはハイブリッドモデルも追加、2011年にはステーションワゴンの「フィットシャトル(現シャトル)」も発売されるなど、ラインナップも拡大。ホンダを代表する売れ筋シリーズとして、堂々たる地位を確立した。

次ページライバルに対して苦戦する新車販売台数
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT