2階の飲食店が「美容整形」に変わる訳【動画】

コロナ禍で起きている「空中階フロア」の異変

繁華街にあるビルの2階以上のフロアを「空中階」と呼びますが、このところ、ここに入っていた飲食テナントの撤退が目立っています。

1階の路面店に比べてもともと集客面で不利だった空中階の店舗ですが、同じビル内でも1階より大幅に安い賃料で借りることができるため、知名度があるチェーン店などを中心に、あえて空中階へ出店している飲食テナントも少なくありませんでした。

空中階の競争力は以前よりも低下

しかし、コロナ禍で状況は一変。外出自粛の機運が高まり、ただでさえ絶対数の少なくなった顧客を取り合うことになる中、開放的な路面店に比べると換気の悪いイメージがある空中階の競争力は以前よりも低下しています。

そして、撤退した飲食店の代わりに美容整形やエステが目立つようになってきています。それはなぜ?

2021年2月21日配信の「2階の飲食店が『美容整形』に様変わりする理由」を基にポイントを5分の動画にまとめました。

詳しくは動画をぜひご覧ください。

(再生の際には音量等にご注意ください)

コロナ禍で空中階の飲食テナントの撤退が進んでいます(撮影:今井 康一)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT