2階の飲食店が「美容整形」に様変わりする理由

コロナ禍で起きた「空中階フロア」の異変

コロナ禍で空中階の飲食テナントの撤退が進む(記者撮影)

テナント募集しています――。街を歩くと、ビルの入り口などにこうした張り紙が散見されるようになった。なかでも際立つのが繁華街の「空中階」、ビルの2階以上のフロアに出店していた飲食テナントの撤退だ。

1階の路面店に比べてもともと集客面で不利だった空中階の店舗。だが、同じビル内でも1階より大幅に安い賃料で借りることができるため、知名度があるチェーン店などを中心に、あえて空中階へ出店している飲食テナントも少なくなかった。

しかし、コロナ禍で状況は一変する。外出自粛の機運が高まり、ただでさえ絶対数の少なくなった顧客を取り合うことになる中、開放的な路面店に比べると換気の悪いイメージがある空中階の競争力は以前よりも低下した。

空中階の飲食テナントが苦戦

飲食店が急場しのぎの策として始めたテイクアウトでも劣勢だ。空中階への出店が多い、焼き鳥チェーンの鳥貴族は「路面店に比べるとどうしても顧客に訴求しづらい」(IR担当者)と語る。

飲食店・飲食事業のM&Aや譲渡のサポートを行っている「飲食M&A by飲食店.COM」は、自社に寄せられた飲食店の閉店相談の傾向をまとめている。そこからも空中階テナントの苦境が透けて見える。

一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)を中心に集計したデータによると、飲食店の閉店相談件数全体に占める空中階の割合は、2019年が23.4%だったのに対し2020年は30.8%と、7.4ポイント増加。一方で、1階にある飲食テナントの閉店相談割合は減少する結果となった。

回転ずし大手「くら寿司」が1月19日に初の都心型ビルイン店を西新宿と渋谷にオープンするなど都心の空中階に出店する動きもあるが、現時点ではまれなケースだ。

都内の不動産仲介業者は事態の深刻さを語る。「2020年4月の緊急事態宣言以降、現在にいたるまでテナントがずっと入らないところも出てきた。これまでもリーマンショックなどの不況下で飲食テナントの大量撤退はあったが、不況に強い格安飲食業態が入るなど入れ替わりがあったため、長期間ずっと空いているということは珍しかった」。

一般的な不動産契約において、中途解約する場合の解約条項には「3カ月から半年前の退去予告」が記載されていることが多い。そのためテナント側から中途解約を告げられても3カ月から半年間は家賃収入の確保ができ、その間に新規テナントを募集することになる。

ところが、コロナ禍で飲食テナントの新規出店はあまり期待できない。事実、東京都豊島区で雑居ビルを保有する個人オーナーは、「コロナ前から2割ほど賃料を下げたが、それでも飲食店は入ってこない」とこぼす。

次ページ代わりに入ってきた美容整形クリニック
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT