年200万円も可能「在宅副業」の稼ぎ事情【動画】

デジタル小商いで一儲け!在宅仕事の単価一覧

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、在宅勤務がすっかり定着した人も多いのではないでしょうか?

在宅副業でどれだけ稼げるのか?

時間ができたことで副業をこっそりとやっている人もいらっしゃるようです。

『週刊東洋経済』2020年12月5日号(バックナンバー)。特集は「在宅仕事図鑑」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

1台パソコンがあれば完結する副業もあるようなんです。

いったいどんな仕事があっていくら稼げるのでしょう?

今回は『週刊東洋経済』のバックナンバー2020年12月5日号「在宅仕事図鑑」よりお届けした『年間200万円も可能!「在宅副業する人」の稼ぎ事情』(2020年11月30日配信)をもとに在宅副業の知られざる事情について5分の動画にまとめました。

詳しくは動画をぜひご覧ください。

(再生の際には音量等にご注意ください)

 

スキルアップや自己実現のために副業へ乗り出す人も(写真:metamorworks/PIXTA)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT