米国2回目の給付金の使い先は株式よりも旅行

グーグルトレンドではフライトが人気ワードに

1月に新型コロナウイルス禍で巣ごもり中の米国人に直接給付金600ドル(約6万5000円)が送付された時、その多くが株式投資に向かうのは、今思えば容易に予想できたことだった。

前回はだれもかれもがパジャマ姿のギャンブラーに

しかし今回は事情が異なる。経済が徐々に再開されていく状況で、総額4100億ドルの給付金が全国の銀行口座に振り込まれ始めている現在、予想はそれほど単純ではない。前回は予定外の現金と時間を持て余した在宅ワーカーらが、パジャマ姿のギャンブラーと化して株式市場に参入したことで、証券会社では口座が急増、株価は上昇した。

現在のデータは、ワクチン接種を済ませた米国人がロックダウン(都市封鎖)解除後に、航空株ではなく航空券に大金を費やす用意があることを示唆している。来月再開予定のディズニーランドのほか、ビーチでの休暇や親戚の訪問も魅力的だ。ウォール街のアナリストもこの流れに気づき始めた。デイトレーダーが株式市場に資金をつぎ込むという予想は、個人消費が急増するとの予測に変化した。

次ページパソコンの前を離れて外で活動したいというニーズ
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT