名刺管理Sansan社長が徳島に高専をつくるわけ

20年ぶりの新設高専、狙いは「野武士」の育成

「『この前人未到のプロジェクトを成功させるには、寺田さんが理事長をやるか白紙に戻すかの二択だ』と言われ、衝撃を受けた。Sansanの経営がある中でやれるだろうかと思っていたが、起業家を育成することはIT業界のためにもなると思い、決心した」(寺田氏)

乗りかかった船とばかりに、Sansanは会社としてもこのプロジェクトを全面支援する。1月にはSansan社内に神山まるごと高専の支援室を設置。社内の1つの事業として位置付け、マーケティングやデザイン、PRなどさまざまな知見を生かして高専づくりを後押しする。

設立資金集めにふるさと納税を活用

開校に向けた時間は長いようで短い。2023年4月に入学する1期生の学生募集は、高専設置が認可された後に始めることができる。2021年10月に文部科学省に設置認可を申請し、最低二度の審議を経て2022年8月末に認可を得ることを想定している。認可申請には資金や校舎、人材が用意されていることが必要で、それをあと半年足らずで準備しなければならない。

高専設立への思いを語る寺田氏(写真:Sansan)

学校設立には概算で15億円の資金が必要とされる。理事長である寺田氏は数億円の私財を投じるが、それだけでは足りない。そこで今回のプロジェクトで活用するのが、ふるさと納税の仕組みだ。

ふるさと納税ではすでに、約7700万円が神山まるごと高専に寄付されている。さらに、企業版ふるさと納税も活用する。企業版ふるさと納税は、国が認定した地方創生プロジェクトに企業が寄付した場合に、法人税や法人住民税などが最大90%税額控除される仕組みだ。

ふるさと納税を活用した学校建設例としては、神山まるごと高専が初めてとなるという。すでに、さくらインターネットやLITALICO、アカツキといったIT企業が活用を決めている。

神山町は企業やサテライトオフィスの誘致を進めているが、人口減少に悩み、高齢化率は49%に達する。もし神山まるごと高専が開校すれば、学生200人(1学年40人)、教職員30人ほどの移住・往来も見込める。これにより、関係人口の増加や神山町への経済効果が期待される。

最初の卒業生が誕生するのは2028年。そのころにはどんな起業家が育っているのか。日本の田舎町に未来のシリコンバレーをつくる3人の挑戦は始まったばかりだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT