鉄道車両「定員オーバー」してもなぜOKなのか

乗客1人当たりの重さは何キロを想定している?

山手線E235系の車内。鉄道車両の定員はどのように決まっているのだろうか(撮影:風間仁一郎)
この記事の画像を見る(5枚)

満員のときも空いているときもある鉄道。「混雑率」が話題になることからもわかる通り、鉄道車両にも「定員」がある。

山手線の場合は、11両編成で計1724人が定員だ。立っている人と座っている人とを合わせてこの人数となる。ラッシュ時はおよそ150%の乗車率となるので、単純にいえば2586人が乗車している計算だ。

劇場や映画館などは、消防法によって会場の定員が定められている。それ以上の人を入れることは、法的に許されない。しかし鉄道の場合、乗車人数が定員を大きく上回るのは当たり前になっている。鉄道の定員は何が違うのか、そしてなぜ定員以上乗っても大丈夫なのだろうか。

鉄道の定員は「サービス定員」

鉄道車両の定員について、日本民営鉄道協会のホームページにある「鉄道豆知識」は、座席数を算定した「座席定員」、通常の運行に支障のない定員数を示した「サービス定員」、さらに車両の構造または運転上、それ以上乗っては危険だという定員数を示す「保安定員」があるとしている。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

そして、航空機や船舶は「保安定員」だが、鉄道車両は「サービス定員」を定員としているという。つまり、鉄道の定員はそれ以上乗ったら危険という人数ではないのだ。

同ページによると、定員は車両の床面積によって決まり、普通鉄道構造規則では座席は幅400mm以上、奥行400mm以上、立ち席は1人当たり0.14平方メートルと定められており、座席定員は座席と立ち席の合計の3分の1以上あることが必要だという。ただ、同規則は現在は廃止され、ほかの規則と統合して「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」となっており、これらの記述は見当たらない。

次ページ1人当たりの重さはどう考えている?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT