(第46回)大学別就職人気企業ランキング(名古屋大学編)

●「自動車・輸送機器」業界が人気トップに

 現在、志望している業界(3つまで選択可)
 名古屋大学で最も人気があったのは、やはり「自動車・輸送用機器」。トヨタ自動車を中心としたグループの有力会社の多くが愛知県に本社を置くほか、本田技研工業や三菱自動車工業の生産拠点、スズキの本社など、自動車メーカーの主要拠点が東海地区には数多く存在しており、学生の関心業界としては従来より不動の地位を築いている。ただし、「自動車・輸送用機器」を志望した学生が、「金属・材料系」の47.6%が最高で、「機械系」で37.0%、「物理・数学系」で20.0%、「化学系」に至っては3.7%にすぎなかったことが意外である。結果、志望業界2位の「情報処理・ソフトウェア」とそれほどの差がつかなかった。「情報処理・ソフトウェア」は、「情報・通信系」69.7%、「物理・数学系」29.1%を中心に、すべての学科系統から志望を集めた。3位「エネルギー」、4位「総合電機・家電」、5位「機械」がそれに続く。「エネルギー」は、「環境系」「エネルギー系」を中心にすべての学科系統から支持を集めた。「電気・電子系」の回答者数が少なかったことを考えると、「総合電機・家電」が4位に入ったのは健闘といえるが、その内訳を見ると「電気・電子系」の33.3%しか志望していないことに驚く。「機械」は、「機械系」学生の56.5%、「金属・材料系」の33.3%などを中心に、一部の学科系統からの得票で構成されている。以下、やや引き離されて「化学」「運輸・輸送」「食品・食料品」が人気を集め、「商社」や「通信」はその次のグループを形成している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。