もしも徳川家康が甦って日本の首相になったら

教養エンタメ小説が描く英雄たちのコロナ対応

「おぬしも病にかかっておるな」

家康は痛ましそうに木村を見た。

「はい。私のような老いぼれがこの病にかかると一気に悪化するようでございます。しかしながら、家康さま。この国も私のようなものでございまする。今までなんとかその場しのぎの対応でやってきましたが、もう、その場しのぎの治療では治りませぬ。

今、生きている者は、現世の様々なしがらみに縛られ、大胆な発想もできなければそれを行動に移すこともできませぬ。私は父のあとを継ぎ政治家になり40年。ひたすらおのれの立身出世と保身のみに生きてまいりました。10年前、息子が自ら命を絶ったことで、私はおのれの卑小さ、醜さに気づきました。せめて最後は政治家らしくこの国のために尽くして死にたい。その一心でございます」

おそらく、気力が尽きたのだろう。木村は膝をガクッと床に折り曲げるようにして体勢を崩した。

「無理をしたらいかんぜよ」

龍馬は慌てて木村を抱き起こそうとしたが、実体のない龍馬の腕では木村の身体に触れることはできなかった。木村はそのまま、両手も床に突き、土下座をするようにして頭を下げた。

「どうか......我が子、我が孫に誇れる国にしてくださいませ......。私が息子に果たせなかった未来を......」

かすれた声はますます聞き取りづらくなり、いよいよおのれの頭の重みにも耐えられなくなったのか、がくりと首も折り曲げ、床に顔をこすりつけるような状態になった。しばらく沈黙が流れた。

合意を勝ち取った木村

「その者。息絶えておるであろう」

家康が厳かに言った。

「死んどるのかえ」

龍馬が驚いて、うつ伏せになっている木村の顔を覗き込んでみると、その顔面は穏やかではあったが、死の静寂がうつしだされていた。

「木村と申す者。まさに武士の死に様であった。見事であった」

家康は、伏したまま息絶えた木村の遺体に声をかけた。

『ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そして、ゆっくりと視線を上げ、閣僚たちを見回した。

「わたしはこの者の最期の頼み、叶えてやろうと思うが、いかがであろうか」

家康の問いかけに、閣僚たちは静かに頷いた。

日本党幹事長、木村辰之介はおのれの命と引き換えに、家康以下の最強内閣閣僚の合意を勝ち取ったのである。

ただ、ある一人だけ、家康の問いかけに微動だにしない者がいた。その者は鋭い眼光を正面に向けていた。彼だけは、木村に対して一度も視線を送らなかった。その男は......

経済産業大臣の織田信長である。

(試し読みはここまでです)

小説で描かれている最強内閣の布陣(画:安倍吉俊、『ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら』サンマーク出版)
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT