認知症の祖母が「お金を盗られた」と言う真因

自分を納得させるべく「虚記憶」を作ってしまう

認知症の人が「財布を盗られた」と話す、その理由とは?(画像:『マンガ 認知症』より)  
大好きな祖母が認知症になってしまい、母と2人で介護に取り組むマンガ家、ニコ。
人が変わってしまったかのような祖母との生活に疲れ果てたニコたちの前に、認知症の心理学の専門家、サトー先生が現れて……。
認知症の人の数がすでに500万人を超え、誰もが認知症になったり、認知症介護をしたりする時代。新著『マンガ 認知症』では、認知症の人の心の中をマンガでわかりやすく解説しています。本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

認知症の祖母がよく「お金を盗られた」と言うのはなぜ?

次ページ一番近くにいる人に疑いが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT