波乱相場にも強い「本命の主力10銘柄」はこれだ

株価チャートの形もよく業績拡大期待の企業群

昨年は苦戦を余儀なくされた化粧品や娯楽関連も、アフターコロナで反発が予想される。

オリエンタルランドの来年度2022年3月期は休園がない前提で黒字化を予想する。株価は緩やかな上昇トレンドが崩れていない。2019年10月高値から押したが、やはり昨年にW底を形成し上昇回帰、今年2月に上場来高値をつけている。信用倍率0.5倍割れで好取組だ。

資生堂の今年度2021年12月期は、中国で高価格帯商品が伸びる。国内も百貨店自粛がなくなり反発を見込む。株価は2018年6月に上場来高値をつけた後に下落したが、昨年にW底で反発。信用好取組。

継続テーマでも物色

昨年からの相場テーマである「半導体・電子部品」「脱炭素」は、今年も引き続き注目される。

『株式ウイークリー』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

村田製作所は柱のコンデンサーが車載向けに急回復し、今年度2021年3月期は営業増益に上方修正。来期も通信モジュールが堅調で、コンデンサーも伸び連続最高益更新を見込む。株価は5年ほど4000~7000円程度のボックス圏(上下の幅が決まった動きをする)を続けたが、昨年11月に上放れ。今年1月に上場来高値をつけた。

東京エレクトロンは半導体装置が伸び、今2021年3月期の営業利益が上振れ、増配。来2022年3月期は3期ぶりに最高益圏。株価は今年2月に上場来高値をつけている。

村田、東京エレは指標面で割高だが、次世代通信「5G」や自動運転、デジタルトランスフォーメーション(DX)などのテーマ性から、まだまだ活躍が続きそう。

脱炭素関連ではオリックスに注目。総合リース国内首位だが、インドの再生可能エネルギー会社への出資やスペインの風力・太陽光発電会社の買収で、国内最大級の再エネプレーヤーになっている。来年度2022年3月期は再エネ関連や金融が好調で利益回復。増配期待。株価は2018年1月から下落トレンドだったが、昨年にW底。PBR0.7倍台と割安。アメリカ比率が高い「アメリカプレー銘柄」でもある。

日経平均株価は3月に入って乱高下している。だが、全体相場は高値波乱でも、収益を着実に伸ばす銘柄は底堅い動きが期待できる。全体安に引きずられた下げ(押し目)の場面で仕込む(買いを入れる)チャンスと考えられる。

『週刊東洋経済』3月20日号(3月15日号)の特集は「上がる株」です。
画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT