ガーナで名誉酋長になった日本人が築いた信頼

チョコの原料カカオ産地を15年にわたって支援

カカオの苗木を受け取る人々(写真:明治)

2013年8月には、アセラワディ村に小学校を日本のODAを活用して建設し、備品を寄付して農家の子どもたちに学びの場を提供した。建設のためには厳格な審査があり、申請のための詳細な資料を作り、粘り強く在ガーナ日本大使館に働きかけた成果だ。現在は200名以上の子どもが在籍している。

学校の中庭に集まる村の子どもたちと土居さん(写真:明治)

国連がSDGs(持続可能な開発目標)を採択したのは2015年。土居さんはその10年前からガーナへ足を運び、カカオ産地との交流を続けてきた。今は、SDGs、サステイナブル、といったキーワードが一般的になり、世界中のチョコレート関連企業が、カカオ産地の問題解決に向けた支援を行っている。しかし活動が1度で終わることや、短期間であることも多い。長年、継続してカカオ産地と関わり続けるのは、決して容易ではないからだ。

定年後もガーナで活動を継続

土居さんは、今年の3月に定年を迎えるが、当面は引き続きガーナでの活動を継続したいと考えている。「酋長に定年はありません。できる限り現地へ行って、産地を応援し続けたい」。

明治は、ガーナでの土居さんの取り組みを筆頭に、現在、世界9カ国のカカオ産地へ社員が直接足を運び、カカオ農家の支援を行っている。チョコレートをいつまでも楽しめる未来のために、広く、大きな活動を展開できる大企業への期待は大きい。しかし、継続的な支援活動のために必要なのは、資金、人、技術力だけでなく、双方の顔が見える形での交流や、心が通いあうこと。それによる相互理解や信頼関係が、大切な要素なのだろう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT