少し改善?IC乗車券「エリアまたぎ」の不自由

ダイヤ改正で境界駅までと定期券は利用可能に

JR東海と東日本、西日本のエリアをまたぐ場合には利用できない交通系ICカードだが、3月ダイヤ改正で一部改善される(写真:tkc-taka/PIXTA)

全国各地に利用可能エリアが広がったJR各社の交通系ICカード。だが、隣接する駅でどちらもICカードが利用可能エリアなのに、両駅間の行き来に利用できない場合がある。エリアをまたぐ場合だ。

例えば東海道線の場合、JR東日本のSuica(スイカ)エリアである東京から熱海まではICカードで乗車できるが、JR東海のTOICA(トイカ)エリアである隣の函南からは、西側へ向かう人しか利用できない。つまり、函南―熱海間はICカードで乗車できない。JR東海とJR西日本の境目も同じだ。米原から東がJR東海、西がJR西日本のエリアだが、JR東海のトイカエリアは米原の隣、醒ケ井まで。同駅ICカードを利用できるのは、東側の名古屋方面に行く場合のみだ。

境界駅まで利用可能に

3月のダイヤ改正で、この状況が改善される。

国府津や熱海ではスイカエリア(JR東日本)内の利用者だけではなく、トイカエリア(JR東海)からも利用できるようになる。米原もJR西日本のICOCA(イコカ)エリアだけでなく、トイカエリアからの利用者も使えるようになる。これまでできなかった「隣の駅」までのICカード利用が可能になるのだ。

これと同時に、スイカエリアとトイカエリアをまたぐ定期券や、トイカエリアとイコカエリアをまたぐ定期券が発売可能になる。例えば沼津から小田原までの定期券や、彦根から大垣までといった定期券がICカードで発行できるようになる。また、関西本線でのイコカ利用エリアが拡大され、トイカエリアの亀山まで乗車が可能になる。

これらの区間は、これまでは磁気式定期券での発行だった。醒ヶ井や近江長岡から米原・彦根方面に通う人には、なぜこの辺りだけ磁気式の定期券、と思っていた人もいるのではないだろうか。

次ページ定期券はエリアまたぎが可能になる
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT