『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』--信頼と市場の原理《宿輪純一のシネマ経済学》


 この作品は、非常に経済的、いや市場的な映画である。

本作品の元々の原作は、2005年から『週刊ヤングジャンプ』に連載されている漫画『LIAR GAME』(ライアーゲーム:うそつきのゲーム)。それをフジテレビがテレビドラマ化し、放送した。

テレビドラマは、まず07年に「シーズン1」が土曜日の午後11時10分から新設された枠「土曜ドラマ」で放送された。09年には「シーズン2」が火曜日午後9時のメジャー枠で放送された。そして映画化し、今年『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』として公開された。

さて、そのライアーゲームであるが、「エデンの園ゲーム」と呼ばれるリンゴの投票数によるゲーム。本作品では決勝戦で、優勝賞金はなんと50億円(!)。リンゴは3種類あり、それぞれ金、銀、赤。銀と金は「禁断の果実」と呼ばれる。また、進行役はスリラー映画の『ソウ』同様、画面の“仮面”である。

ルールは、全員が赤いリンゴを投票した場合、全員が1億円を得ることができる。しかし、1人でも禁断の果実を選んだ場合、赤いリンゴに投票した人は1億円を失い、禁断の果実を選んだ人は1億円を得る。全員が禁断の果実を選んだら、多数派が1億円を得て、少数派は1億円を失うこととなる。負債が5億円となった場合には「失楽園」送りとなり、退場しなければならない。

つまり、赤いリンゴを全員が投票し続ければ、ゲームは13回あるので、1人当たりの獲得マネーは13億円となる。要は、プレイヤー全員が互いを完全に信頼すれば確実に大金が手に入るのである。突き詰めればテーマは“相手を信じられるか”、すなわち信用の問題である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。