権力者に「最低」と言い放つ渋沢栄一少年の真意 漫画「栄一」(第1話前編)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
藍葉・藍玉作りを生業とする家に生まれた経営学の巨人・渋沢栄一。どのような少年時代を過ごしたのだろうか──

その生涯において500以上の企業の設立、600以上の教育・社会事業に携わり、後に“日本資本主義の父”と称された男がいた。

『栄一』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

経営学の巨人・ドラッカーも絶賛した彼の名は渋沢栄一。今、われわれが住む世界は渋沢なくしては考えられない。

今からおよそ180年前、埼玉県深谷市の藍農家に生まれた少年は、いかにして今、私たちが住む世界の景色を作り上げていったのか?

江戸、明治、大正、昭和――。激動の時代を駆け抜けるように生きた大偉人の人生を、1人の人間、1人の青年として丹念にみずみずしく描いた渋沢栄一伝の決定版! あなたもきっと栄一が好きになる!! 『栄一』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(22ページ)
町田 翠 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

まちだ みどり / Midori Machida

富山県出身。3月17日生まれ。2016年に「スピリッツ賞」を受賞した後、2017年より「月刊!スピリッツ」にて『ようことよしなに』(単行本全3巻)で連載デビュー。2019年にはひたむきに落語に向き合う少年の成長を描いた『開口一番!』(単行本全2巻)を連載し、好評を博した。現在は渋沢栄一の人生を描いた大河ロマン『栄一』を「月刊!スピリッツ」に連載中。温かい人間ドラマの描写に定評のある注目の新鋭。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT