「攘夷を吠える若者」に渋沢栄一がシラケた瞬間

漫画「栄一」(第2話・前編)

天下国家を論じる若者たちに、幼き日の渋沢栄一(栄治郎)が思うこととは

その生涯において500以上の企業の設立、600以上の教育・社会事業に携わり、後に“日本資本主義の父”と称された男がいた。

『栄一』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

経営学の巨人・ドラッカーも絶賛した彼の名は渋沢栄一。今、われわれが住む世界は渋沢なくしては考えられない。

今からおよそ180年前、埼玉県深谷市の藍農家に生まれた少年は、いかにして今、私たちが住む世界の景色を作り上げていったのか?

江戸、明治、大正、昭和――。激動の時代を駆け抜けるように生きた大偉人の人生を、1人の人間、1人の青年として丹念にみずみずしく描いた渋沢栄一伝の決定版! あなたもきっと栄一が好きになる!! 『栄一』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

第二話・前編

©町田 翠/小学館
次ページ千代の兄が塾長を務める私塾では
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT