ななつ星のJR九州、「大胆経営」に浮かぶ暗雲

日韓高速船「クイーンビートル」は就航停止に

JR九州の最新の観光列車「36ぷらす3」(記者撮影)

他社に先駆けて豪華列車「ななつ星in 九州」を導入したり、不動産をはじめとした非鉄道事業を強化するなど、大胆な経営で業績を伸ばしたJR九州。2016年には株式上場にこぎつけたが、同社のその積極姿勢がコロナ禍で裏目に出ている。

2017年に大々的に投入を発表し、2020年に完成した新型高速船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は就航できない状態が続いている。

日韓つなぐ高速船を運航

同社傘下のJR九州高速船は、福岡市の博多港と韓国・釜山を結ぶ日韓航路に高速船「BEETLE(ビートル)」を3隻運航している。このうち1隻をクイーンビートルに置き換える計画を2017年に構築。当時、日韓航路は格安航空会社(LCC)の攻勢にさらされていた。

LCCとビートルは値引き合戦を繰り返していたが、JR九州は価格競争からの脱却を目指し、移動時間を優雅に楽しむことを目的としたクイーンビートルの建造に着手した。内装に趣向を凝らした設計で、建造費用は約57億円。ななつ星のおよそ2倍の金額だが、ななつ星の成功体験がこの計画を後押しした。

しかし、タイミングが悪かった。日韓関係の急速な冷え込みから2020年3月期に利用者が急減。そこへ新型コロナウイルスの感染拡大が拍車をかけた。

東洋経済プラスの連載「鉄道異変」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。同連載では以下の記事も配信しています。
浮かぶ「南海」、沈む「西武」と「近鉄」
JR東日本、巨額赤字でも積極投資のわけ
リニアとコロナ、JR東海を襲う「二重苦」
JR西日本、「不動産の強化」に動く必然
JR九州、「大胆経営」に漂い始めた暗雲
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT